top出版物・制作物発売中の本 > 美脚思考 〜誰でも美脚になれる「考え方」がある〜

美脚思考 〜誰でも美脚になれる「考え方」がある〜

bikyakupop.pngのサムネイル画像

下半身太りに悩むすべての人へ。

O脚・むくみ・太い足首・埋もれた膝が改善!

1年以上予約が取れない

美脚インストラクターのメソッドをついに公開!

 

面倒くさい運動はいらない。

日常生活がエクササイズになる方法など多数収録!

著者自身が59キロから46キロに痩せた経験に基づく痩身法をわかりやすく解説。
本来の理に適った体の使い方を身につけるから、リバウンドはゼロ!
カギは足。それも、足指の使い方と足裏の筋肉にある。
「美脚思考」をインストールすれば、疲れない・太らない・歪まない・滞らないカラダと美脚は同時に手に入る!
 
 
吉永桃子
1983 年京都府生まれ。美脚インストラクター。株式会社ダイナミックビューティー代表。
1 9 歳から動作の研究を始め、アスリートがお忍びで通う治療家に師事。2 0 歳からは解剖学を理解するため、バレエを始める。その後、整形外科リハビリ部勤務を経て、整体院を開業するも「施術で身体を整える」ことの限界を感じ、ピラティスをマスターするために上京。2013 年から正しい動作を指導する美脚インストラクターとして活動する。
バレエダンサーのようにしなやかな美ボディと確かな理論に裏付けされたその指導は、パーソナルレッスンの新規受付は現在10カ月待ち、東京・大阪で定期的に開催する美脚セミナーは募集開始から一時間でキャンセル待ちになるほどの人気。

 

bikyakucover.png

発売日 2017年2月1日
体裁 単行本・ソフトカバー: 144ページ
価格 1,400円
発行 ミライカナイ
発売 ミライカナイ
Amazonで買う
 

 

top出版物・制作物発売中の本 > ガパパ! 〜AKB48でパッとしなかった私が海を渡りインドネシアでもっとも有名な日本人になるまで

ガパパ! 〜AKB48でパッとしなかった私が海を渡りインドネシアでもっとも有名な日本人になるまで

<秋元康 推薦! >
「数年前まで、AKB48の選抜に入れなかった仲川遥香が、なぜ、インドネシアの国民的アイドルになれたか? 陽が当たらないと嘆くより、陽が当たる場所へ動け! 彼女の生き方は、多くのひとに勇気を与えるだろう」


仲川遥香は、柏木由紀や渡辺麻友など豪華メンバーとともに3期生としてAKB48に入った。
だが2010年の総選挙以降、20位、24位、44位と年々順位が下がり、仕事も少なく、毎日同じことを繰り返す日々に、悶々としていた。そんなパッとしない自分の人生を変えるべく、JKT48の発足とともに刺激を求めて日本を飛び出しジャカルタへ。ここから仲川の運命が一気に動き出した…。
そんな仲川を、異国の地で予想だにしない展開が待ち受けていた。アメーバ赤痢、チフス、デング熱で幾度となく入院、国民性の違いからJKTメンバーがまさかのボイコット、そして爆弾テロも発生…。だが、物怖じしない性格と、持ち前のど根性で、幾多の苦難を乗り越え、JKT48移籍から4年が経過したいま、仲川はインドネシアの国民的アイドルにまでのぼりつめた。
ボカリスエットやポッキーなど、出演するCMは20以上で指原莉乃に「ジェラっちゃいますね」とまで言わしめ、ツイッターのフォロワー数も120万人以上で同期の柏木由紀や渡辺麻友を抜き去った仲川。今年限りでの卒業を発表した彼女には、ある伝えたい想いがある。

「多くの女性たちがいて、でも誰もが前田敦子や大島優子、渡辺麻友になれるわけじゃない。でもきっと、私にはなれる。輝ける場所を見つけて、勇気を出して一歩踏み出せば、今より素敵なミライが待ち構えている」

インドネシア語をわずか半年で言葉をマスターした秘訣、現地人のハートをわしづかみにしたコミュニケーション術、などなど海外で成功するノウハウも満載。日本でくすぶってる、今の生活にしっくり来てない、そんなあなたへ…。
世界に飛び出す勇気が欲しい日本人すべてに役立つ『インドネシアでもっとも有名な日本人』仲川遥香が贈る、涙と笑いのサクセスストーリー。

仲川遥香
1992年2月10日生まれ、東京都出身。06年に渡辺麻友、柏木由紀らとAKB48に3期生として加入。12年8月にJKT48への移籍を発表し、同年12月にJKT48劇場デビュー。13年にはインドネシア版「恋するフォーチュンクッキー」でセンターを務め、多数のテレビ番組に出演し、20社以上のテレビCMにも登場して、同国民に幅広く愛される。16年12月にJKT48を卒業する。

 

gapapacover.jpg

発売日 2016年12月20日
体裁 単行本(ソフトカバー): 235ページ
価格 1,490 円
発行 ミライカナイ
発売 ミライカナイ
Amazonで買う
 

 

top出版物・制作物発売中の本 > その壁を越えろ! 〜彼らはどこを目指し、何と闘っているのか〜

その壁を越えろ! 〜彼らはどこを目指し、何と闘っているのか〜

好評の高校野球ノンフィクション最新作! 
球児たちは、幾多の試練と困難という名の壁にぶちあたり、そして懸命に乗り越えようとする。
何度も何度も振り落とされても、その壁を越えようとうる姿が高校野球ファンの心をつかんでやまない。
この本では、そんな高校野球にまつわる汗と涙にまみれた感動のストーリーを7篇紹介する。


序章 夢は終わらない〜甲子園準優勝校・仙台育英が越えようとした〝もう一つの壁〟(文・高橋昌江)
第1章 一意専心〜流通経済大柏・松田訓監督が目指す〝気付き〟の野球(文・中里浩章)
第2章 心を揃える〜富士市立・戸栗和秀監督 〝あと一球〟からの再出発(文・栗山 司)
第3章 技術屋の性根〜〝KENSO〟県立相模原・佐相眞澄監督の野望(文・渡辺勘郎)
第4章 文武不岐〜上尾高校 歴史を越えて語り継ぐ〝野球の心〟(文・佐伯 要)
第5章 扉を開けた夏〜大分高校 〝大願〟甲子園初出場への物語(文・加来慶祐)
終章 30年目の悲願〜創価大学・堀内尊法コーチが目指す〝完全なる〟日本一(文・高木 遊)

 

 

矢崎良一 
1966年生まれ。山梨県出身。フリーライター。
著書に『元巨人』(ザ・マサダ99年)、『松坂世代』(河出書房新社03年)、『遊撃手論』(PHP研究所09年)など。
最新刊に『PL学園最強世代 あるキャッチャーの人生を追って』がある。
共著によるスポーツノンフィクション書籍シリーズを手掛け、08年に立ち上げた本シリーズも密度の濃さで読者の支持を獲得。
本書で16作目を迎えるロングセラーに育てあげた。総合プロデュース担当。

4907333102.MAIN.jpg

発売日 2016年7月20日
体裁 単行本(ソフトカバー): 256ページ
価格 1,728 円
発行 ミライカナイ
発売 ミライカナイ
Amazonで買う
 

 

top出版物・制作物発売中の本 > 完本 プロ野球乱闘伝説

完本 プロ野球乱闘伝説

判定を巡っての乱闘。デッドボールが引き金となっての乱闘。

乱闘の「顔」といえばカネヤン、張本勲、そして星野仙一。

プロ野球が男たちのものだった時代、

こうした乱闘を含めてのプロ野球だった。

かつて、プロ野球は熱かった!

絶版となった『プロ野球乱闘伝説』(長崎出版刊)を大幅に加筆し、「クロマティーに殴られた男」宮下昌己氏(元中日投手)と著者による対談も収録。昭和〜平成の乱闘60件を詳述した、乱闘史のすべてが分かる永久保存版。2016年3月に急逝した元・近鉄バファローズ応援団長、スポーツライター・佐野正幸の最後の作品。

本書掲載の主なプロ野球乱闘事件

三原ポカリ事件、監督が相手の選手を殴った! 
【1949年4月14日 巨人対南海(後楽園球場)】

山本八郎、懲りない暴行事件
【1959年5月30日 東映対近鉄(駒沢球場)】

広島・弘瀬投手が審判をぶん殴る
【1961年5月14日 中日対広島(中日球場)】

ブルーム(近鉄)、ヤジに怒りスタンドに乱入
【1961年6月3日 阪急対近鉄(西宮球場)】

「円城寺、あれがボールか、秋の空」
【1961年10月29日 日本シリーズ第4戦・巨人対南海(後楽園球場)】

張本、走塁トラブルで、ダイゴに飛びかかる
【1965年4月10日 東映対東京(後楽園球場)】

巨漢スペンサーの「大リーグ級」走塁で大乱闘
【1966年6月7日 南海対阪急(大阪球場)】

バッキー死球による王貞治負傷で殴り合い、ケガ人数人! 
【1968年9月18日 阪神対巨人・第2試合(甲子園球場)】

白仁天、露崎球審をぶん投げて場外訴訟騒ぎに
【1970年5月23日 東映対近鉄(後楽園球場)】

「遺恨試合」のルーツ、ロッテと太平洋の暴力試合
【1973年6月1日 太平洋クラブ対ロッテ(平和台球場)】

金田監督がビュフォードを首投げ、ポスターの中の「乱闘」はさすがにアウト! 
【1974年4月27日 ロッテ対太平洋クラブ(川崎球場)】

大沢監督が試合中、なんと相手投手を殴打
【1976年6月17日 日本ハム対阪急(後楽園球場)】

赤鬼が怒った、マニエル暴行!!
【1980年4月7日 近鉄対南海(日生球場)】

東尾死球で、デービス大暴れ! 
【1986年6月14日 西武対近鉄(西武球場)】

クロマティー、中日・宮下投手に暴行
【1987年6月11日 巨人対中日(熊本藤崎台球場)】

清原、平沼投手に暴行、バット投げつけヒップアタック! 
【1989年9月23日 西武対ロッテ(西武球場)】

トレーバー怒り心頭、金田監督に蹴られた秋田の陣
【1991年5月19日 ロッテ対近鉄(秋田市営八橋球場)

ガルベス乱心、審判にボールを投げつける
【1998年7月31日 阪神対巨人(甲子園球場)】

中日・星野監督が、立浪、大西とともに審判に暴行
【2000年10月16日 中日対横浜(ナゴヤドーム)】

清原、頭部死球に激怒!! 鬼気迫る様相「こっち来て謝れ! 」
【2005年5月11日 巨人対オリックス(東京ドーム)】

 


佐野正幸
ノンフィクション作家。1952年、北海道生まれ。札幌光星高-神奈川大。中学時代、ファンレターを送ったことがきっかけで知り合った西本幸雄監督に心酔、阪急や近鉄の応援団長として全国各地の球場を駆け回る。氏の縁で入社した近鉄百貨店を98年退社。以降は作家活動を中心に、講演、テレビ・ラジオコメンテーター、司会者としても活動。他の野球作家とは一線を引いたパ・リーグ中心のスタンド視点が特長。『1988年「10.19」の真実』(光文社文庫)『昭和プロ野球史を彩った「球場」物語』(宝島sugoi文庫)『パ・リーグ激動の昭和48年』(日刊スポーツ出版社)など著書多数。2016年3月死去。享年63歳。

 

rantoucover.jpg

発売日 2016年11月30日
体裁 単行本(ソフトカバー): 256ページ
価格 1,690 円
発行 ミライカナイ
発売 ミライカナイ
Amazonで買う
 

 

top出版物・制作物発売中の本 > 甲子園スター 高校野球で輝いたヒーローたち

甲子園スター 高校野球で輝いたヒーローたち

甲子園を沸かせた人気の球児君たちが制服姿で大集合! 
高校野球の思い出を語ったグラビア&インタビュー集。
『輝け甲子園の星』取材スタッフが球児君たちの素顔に迫ります。


ありがとう高校野球〜思い出を語るインタビュー
大西健斗(北海)
今井達也(作新学院)
寺島成輝(履正社)
藤平尚真(横浜)
九鬼隆平(秀岳館)
高橋昂也(花咲徳栄)
藤嶋健人(東邦)
鈴木昭汰(常総学院)
村上頌樹(智弁学園)
山崎颯一郎(敦賀気比)

キーワードトーク〜高校野球がくれたもの
高山優希(大阪桐蔭)
高田萌生(創志学園)
市岡奏馬(龍谷大平安)
林中勇輝(敦賀気比)

優勝・準優勝チーム座談会
夏の高校野球優勝メンバー座談会〜作新学院
夏の高校野球準Vメンバー座談会〜北海
センバツ優勝メンバー座談会〜智弁学園
センバツ準Vメンバー座談会〜高松商

ありがとう高校野球〜思い出対談
早川隆久&小池航貴(木更津総合)
古賀優大&西村舜(明徳義塾)
米麦圭造&植田理久都(高松商)

2017年はボクに任せろ! 〜注目の下級生特集
安田尚憲&若林将平(履正社)
添田真聖&鈴木萌斗(作新学院)
神村月光&後藤克基&棚原孝太(滋賀学園)
太田英毅&福元悠真(智弁学園)

母から息子へのメッセージ
今井達也投手(作新学院)のお母さん
藤平尚真投手(横浜高)のお母さん

高校ジャパンへつなぐメッセージ

 

starcover.jpg

発売日 2016年11月30日
体裁 ムック: 80ページ
価格 999 円
発行 ミライカナイ
発売 ミライカナイ
Amazonで買う
 

 

1  2  3  4

books[出版物・制作物]